奨学助成

海外研究留学助成

海外に研究留学する若手MD&PhDに最長4年間の留学助成を行っています。

趣旨・特徴

  • 医学分野の海外留学者数が減少しているため、経済的支援によって海外留学を促す。
  • 医師(MD)で、博士号(PhD)保持者またはPhD取得を目指す若手研究者を対象とした海外研究留学助成。
  • 業績のみでなく、信条、留学中の研究予定内容など、多様な観点で選考する。
  • 最長4年間の長期助成。

応募資格

  • 日本国籍保持者、または永住者で、留学出立年度末に37歳以下の者。
  • 医師資格(MD)を有し、かつ博士号(PhD)保持者またはPhD取得を目指す大学院博士課程在籍者。
  • 国内在住で、2年以上の留学を受け入れる海外の学術研究機関が内定している者。
  • 募集する留学出立年度内(4月1日~翌年3月31日)に海外へ出立できる者。
  • 所属大学、病院など、所属する機関長からの推薦を受けられる者(但し、PhD未取得者は在籍する大学院研究科長の推薦が必須)。 推薦者の推薦は1名限り。
  • 留学中の年間収入が本奨学金を除いて600万円以下の者。
※その他詳細は、各年度ごとの応募資格ならびに応募方法にリンクされる「海外研究留学助成要項、3:(研究留学者 の応募資格条件)」を参照すること。

助成概要

  • 海外渡航費往復40万円と滞在費年480万円を最長4年間助成する。
  • 留学1年半後に、延長の可否、延長期間を再審査する。
  • 毎年新たに10件助成する。

申請と選考

  • 誓約書、履歴書、健康診断書、所属機関長からの推薦を含む申請書、
  • 海外学術研究機関の受入承諾書、
  • 本人の業績リスト、あれば代表論文1報、
  • 海外留学中の研究実施計画、
  • 「海外研究留学を通じて、どのように自分を高めて社会に貢献したいか」の信条書、
  • 語学能力の証明書写し(TOEIC/TOEFL/英検 等)、
などの書類から、選考委員会で選考し、理事長が決定する。

2023年度 海外研究留学助成の応募受付および選考は終了しました。
2024年度の応募方法に関しては改めて掲載します。

よくあるご質問