奨学助成

海外研究留学助成

海外に研究留学する若手MD&PhDに最長4年間の留学助成を行っています。

趣旨・特徴

  • 医学分野の海外留学者数が減少しているため、経済的支援によって海外留学を促す。
  • 医師(MD)で、博士号(PhD)保持者またはPhD取得を目指す若手研究者を対象とした海外研究留学助成。
  • 業績のみでなく、信条、留学中の研究予定内容など、多様な観点で選考する。
  • 最長4年間の長期助成。

応募資格

  • 日本国籍保持者、または永住者で、留学出立年度末に37歳以下の者。
  • 医師資格(MD)を有し、かつ博士号(PhD)保持者またはPhD取得を目指す大学院博士課程在籍者。
  • 国内在住で、2年以上の留学を受け入れる海外の学術研究機関が内定している者。
  • 募集する留学出立年度内(4月1日~翌年3月31日)に海外へ出立できる者。
  • 所属大学、病院など、所属する機関長からの推薦を受けられる者(但し、PhD未取得者は在籍する大学院研究科長の推薦が必須)。 推薦者の推薦は1名限り。
  • 留学中の年間収入が本奨学金を除いて600万円以下の者。
※その他詳細は、各年度ごとの応募資格ならびに応募方法にリンクされる「海外研究留学助成要項、3:(研究留学者 の応募資格条件)」を参照すること。

助成概要

  • 海外渡航費往復40万円と滞在費年480万円を最長4年間助成する。
  • 留学1年半後に、延長の可否、延長期間を再審査する。
  • 毎年新たに10件助成する。

申請と選考

  • 誓約書、履歴書、健康診断書、所属機関長からの推薦を含む申請書、
  • 海外学術研究機関の受入承諾書、
  • 本人の業績リスト、あれば代表論文1報、
  • 海外留学中の研究実施計画、
  • 「海外研究留学を通じて、どのように自分を高めて社会に貢献したいか」の信条書、
  • 語学能力の証明書写し(TOEIC/TOEFL/英検 等)、
などの書類から、選考委員会で選考し、理事長が決定する。

2023年度 海外研究留学助成 助成対象者募集

応募資格
  • 日本国籍保持者、または永住者で、留学出立年度末(2024年3月末)に37歳以下の者。
    (産休などの理由で研究活動を中断した研究者は、年齢上限を考慮する場合がある)
  • 医師資格(MD)を有し、かつ博士号(PhD)保持者またはPhD取得を目指す大学院博士課程在籍者。
  • 応募時から本助成による海外出立まで国内在住で、国内の病院、大学等学術研究機関に所属しており、2年以上の留学を受け入れる海外の大学等学術研究機関が内定している者。
  • 2023年4月1日~2024年3月31日に海外へ出立できる者。
  • 所属大学、病院など、所属する機関長からの推薦を受けられる者(但し、PhD未取得者は在籍する大学院研究科長の推薦が必須)。推薦者の推薦は1名限り。
  • 留学中の年間収入が本奨学金を除いて600万円以下の者。
※次の場合は対象外:
  1. 学生として海外の大学または大学院へ留学する者。
  2. 大学卒業後 1年以上の海外留学や海外研究の経験がある者。
  3. 日本学術振興会や国内外を問わず、他機関・他財団の大型留学助成(年400万円以上)と重複受領する場合。
応募方法
<送付先>
公益財団法人 武田科学振興財団 「海外研究留学助成」事務局
〒541-0045 大阪市中央区道修町二丁目3番6号
様式第1号は Word fileでも、別途、事務局アドレスへのメール添付で、お送りください(推薦者の公印は不要です)。
応募締切 2022年8月29日(月)~9月22日(木)必着。
選考結果 2022年12月末までに各応募者に通知予定。

よくあるご質問