国際シンポジウム 国際シンポジウム

国際シンポジウム

  1. 武田科学振興財団トップ
  2. 国際シンポジウム

1982年から「生命科学シンポジウム」を、2001年から「薬科学シンポジウム」を開催しています。
いずれのシンポジウムも、時宜を得たテーマを基に、国内外の科学者が一堂に会し、その叡智と知識を交換する国際的なシンポジウムとして高く評価されています。国内の新進気鋭の若手研究者にとっては、世界の最先端の科学者に直に接することができる絶好の機会です。

毎年、生命科学シンポジウムと薬科学シンポジウムを交互に開催しています。

テーマ 組織委員

開催予定

第21回2023.1
ヒト発生と進化の理解に向けて
Towards Understanding Human Development and Evolution
斎藤 通紀 博士
後藤由季子 博士
柊  卓志 博士
第20回2019.2 RNAネオバイオロジー
RNA Neobiology
審良 静男 博士
稲田 利文 博士
塩見美喜子 博士
第19回2017.1 慢性炎症:機序と制御
Chronic Inflammation - Initiation, Progression and Resolution
宮坂 昌之 博士
審良 静男 博士
松島 綱治 博士
第18回2015.1 iPS細胞による再生医療
iPS Cells for Regenerative Medicine
山中 伸弥 博士
岡野 栄之 博士
髙橋 淳  博士
髙橋 政代 博士
第17回2012.12 神経変性疾患の治療法を求めて-アルツハイマー病とパーキンソン病を中心に-
Therapeutic Approach for Neurogenerative Diseases:Focusing on Alzeimer & Parkinson Diseases
岩坪 威  博士
髙橋 良輔 博士
第16回2010.12 Casting light on life
- Multidimensional approach for imaging the molecules of life
宮脇 敦史 博士
松田 道行 博士
渡辺 恭良 博士
第15回2008.12 細胞死研究の現在と未来
Cell Death: What have we learned and what will we learn?
田中 啓二 博士
三浦 正幸 博士
西道 隆臣 博士
第14回2006.4 「酸素添加酵素」の50年-展望と回顧-
The 50th Anniversary of Oxygenases: Advances and Reflections
早石 修   博士
山本 尚三 博士
第13回2004.12 ゲノム情報の医療への展開
Genome Analysis and Medicine
鎌谷 直之 博士
中村 祐輔 博士
広橋 説雄 博士
第12回2002.11 幹細胞と臓器形成
Stem Cells and Organogenesis
竹市 雅俊 博士
西川 伸一 博士
笹井 芳樹 博士
第11回2000.11 分子モーター研究のフロンティアー:遺伝子・構造・動態から機能へ
Frontiers in Molecular Motors Research: From Gene・Structure・Dynamics to Functions
廣川 信隆 博士
柳田 敏雄 博士
第10回1998.12 感染と発症の分子基盤
Molecular Basis of Microbial Pathogenesis
竹田 美文 博士
永井 美之 博士
第9回1996.12 睡眠と睡眠障害: 分子から行動まで
Sleep and Sleep Disorders: From Molecule to Behavior
早石  修 博士
井上昌次郎 博士
第8回1994.11 発がんと細胞増殖の分子機構
Molecular Mechanisms of Carcinogenesis and Cell Growth
豊島久真男 博士
第7回1992.11 細胞間シグナルと形態形成
Cell-Cell Signaling and Morphogenesis
竹市 雅俊 博士
第6回1990.12 ペプチドによる循環調節
Peptide Regulation of Cardiovascular Function
井村 裕夫 博士
第5回1988.11 神経情報の伝達と記憶
Brain Signal Transduction and Memory
伊藤 正男 博士
西塚 泰美 博士
第4回1986.11 抗生物質研究のフロンティア
Frontiers of Antibiotic Research
梅沢 浜夫 博士
第3回1984.10 画像医学の進歩: 解剖学から生理学、生化学まで
Biomedical Imaging: From Anatomy to Physiology and Biochemistry
早石 修  博士
第2回1983.11 カルシウムによる生体防禦
Calcium Regulation in Biological Systems
江橋 節郎 博士
第1回1982.10 生体防禦の液性因子
Humoral Factors in Host Defense
山村 雄一 博士
テーマ 組織委員

開催予定

第11回2024.1
イメージングによる最先端医薬品・医療技術開発
Imaging-directed development of cutting edge drugs and medical technologies
浦野 泰照 博士
青木伊知男 博士
深瀬 浩一 博士
第10回2020.1 精神疾患:生物学から創薬へ
Mental Illness: Human Biology and Preclinical Modeling for Translation
成宮  周 博士
神庭 重信 博士
澤   明 博士
古屋敷智之 博士
第9回2018.2 医薬応用を目指したゲノム編集
Genome Editing Towards Medicinal Applications
山本  卓 博士
竹田 潤二 博士
濡木  理 博士
第8回2016.1 生命分子から薬を創る - 中分子薬を中心に -
Biomolecule-Based Medicinal Science: Featuring Mid-Size Drugs
木曽 良明 博士
上杉 志成 博士
堅田 利明 博士
佐々木茂貴 博士
周東  智 博士
第7回2014.1 iPS細胞創薬
iPS Cells in Drug Discovery & Development
山中 伸弥 博士
井上 治久 博士
長田 直樹 博士
第6回2012.9 魅惑いっぱい有機合成化学
How Fascinating the Synthetic Organic Chemistry Is!
冨士  薫 博士
柴崎 正勝 博士
第5回2009.5 Bioactive Lipid Molecules and Transporters 植田 和光 博士
鈴木 洋史 博士
第4回2007.12 ケミカルバイオロジー研究最前線
On the Frontiers of Chemical Biology
長野 哲雄 博士
長田 裕之 博士
萩原 正敏 博士
第3回2005.12 脳神経研究最前線-分子病理と薬物作用-
On the Frontiers of Neuro - PharmaSciences - Molecular Pathology and Drug Action -
野村 靖幸 博士
岩坪  威 博士
第2回2003.12 キラル分子の科学:その多様性
The Science of Chiral Molecules: Its Diversity
冨士  薫 博士
海老塚 豊 博士
第1回2001.10 機能性脂質と疾患
Lipids in Signaling and Related Diseases
井上 圭三 博士
野島 庄七 博士
西島 正弘 博士